人気ブログランキング |

雑貨セレクトショップ mederu


mederuは、心地よさ、まごころをテーマにした 「人にやさしい雑貨屋」です。
by mederu8
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のニュースから~パンダ・レバ刺し~

「パンダのニュースから」

上野のパンダの赤ちゃんが生まれて間もなく死んでしまい、かわいそうでしたね。
小さな命が儚く終わってしまったことは残念です。
でも、もうパンダはいい、という気持ちのほうが大きいです。
年間8,000万円ものレンタル料を中国に払い、維持費を合わせれば年に1億円近くもかかるパンダ。その分を復興にまわしたほうが…と思います。

前にもパンダのこと書きました。「パンダ 中国 mederu」で検索したら出てきました。この日記です。
クライストチャーチでの地震のことも書いたこの日記から間もなく、日本でも起きた大震災でした。
以前の日記では、「中国が悪いとかでなく…」と書いていますが、今はやっぱり中国も悪いよな、と思います。
他の国はここまで一つの動物を所有物のように扱っていない。“パンダ外交”ってなんだよ!と腹立たしく思います。

絶滅危惧種のパンダ、もう自然の中でそっとしておいてあげたい。
もう、パンダはいい。


「レバ刺し禁止のニュースから」

レバ刺しが禁止になる前にと駆け込み需要のお客さんが増えているとか。
普段自らオーダーすることはない私にとってレバ刺しが禁止になってもそれほど痛手はないけれど、レバ刺し好きな人にとっては、この禁止は重大ニュースだろう、と思います。
レバ刺しもふぐのようにライセンス制にすることはできないのか?
きちんと調理しなければ死ぬという点では、ふぐのほうが危険性は高い気がします。ふぐ免許のように、レバ刺し免許を作り、その免許を持っている人が調理する分にはいいんじゃないかと…。
今レバ刺しを食べる人は、“あたったら死ぬかも”ということを覚悟の上で食べているわけで、それならそれで、その人の食物選択の自由を尊重してあげていいのではないかと思います。それであたったって、自分で選んだのだから本望なのではないか、最後に美味しいレバ刺しが食べられて。
それがイヤなら食べなければいいだけでしょう?…そう思うのは私だけでしょうか。

そう、何が言いたいのかと言えば、安易に禁止する風潮が好きじゃないのです。
なくすことは簡単で、なくそうと思えば簡単になくなってしまいます。
このまま禁止が続けば、10年後にはきちんとレバ刺しを作れる人の数も減り、レバ刺しという食べ物自体がなくなってしまうかもしれません。食べられるものの数を減らすことは、長い目で見れば、万人の健康を保つことにはつながらないような気もします。

レバ刺し問題(誰も問題にしてないって?)から入りましたが、短絡的に判断してすぐに切ったり、排除する方向にいってしまうといった傾向は今の社会全体の傾向のような気がします。

最近知り合いから聞いた話では、授業をきちんと受けない子(小学校中学年)を、転校させろとクラスの親が教育委員会に言い、教育委員会も授業を見に来たとか。
その子の妨害ぶりがどの程度なのか知りませんが、たかだか小学中学年の子なのだし、大したことないだろうと想像できます。子ども一人のために大騒ぎして右往左往する大人たち。
その子を転校させたところで、そのクラスの問題が解決するとは思えません。
その親はきっと、“自分の子どもの教育の質を落としているのはあの子のせいよ!”と思っているのでしょうが、子どものすることにいちいち目くじら立てて教育委員会を動かすことにより、担任の先生の意識は教育よりもそちらのトラブルのほうに向き、学校長も然り。子どもたちだって何だか分からない大人たちが自分たちの授業を見に来てピリピリ感漂う中授業を受け、そのほうがよっぽど教育の質を落としているだろうに、と思います。
そのことに気づいていない短絡的な親は本当にバカです。

まあ、バカはいつの時代にもいます。でもバカのほうに引っ張られ、言った者勝ちとばかりにバカの思う壺になってしまう流れは止めたい、と思います。
バカが一人二人いても、「あいつらバカだよね。」と言える人が多数いれば、バカに汚染されることはありません。
バカの声が大きくても、もっと大きな声で「お前バカか!」と言える大人が減っているのだと思います。
「お前バカか!」と言うことは、勇気のいることで、それによって発生する全ての問題に責任を負う覚悟で言わなければいけません。
前は学校長なりがその役割をしてくれていたのだと思います。「全ての責任は私が負います!」という大人が今よりも多かった気がします。
金八先生だって、トラブルにおどおどする教頭に対して赤木春恵演じる校長がしっかりと「私が認めます!」と言い、金八先生はその後押しもあり、自分の教育を全うするといった場面がたびたびありました。

大津市のいじめ問題でも、子どもたちはどんな目で大人たちを見ているのだろう。教育よりも自分たちの責任逃れ、事なかれ主義に徹する大人たちを。
自殺してしまった子の死は本当に残念な悲しいことだけれど、彼の死によって今の教育現場の問題が露呈し、議論されるようになることで、彼の思いも少しは浮かばれるのではないかと思います。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
by mederu8 | 2012-07-13 13:10 | 日記

最新の記事

ありがとうございました&#1..
at 2018-10-01 09:16
リニューアルセールはあと2日!
at 2018-09-29 11:17
営業中
at 2018-09-26 11:00
ありがとうございます
at 2018-09-24 07:07
セール情報
at 2018-09-21 15:57

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
セレクトショップ

画像一覧