雑貨セレクトショップ mederu


mederuは、心地よさ、まごころをテーマにした 「人にやさしい雑貨屋」です。
by mederu8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ミラノとニースへ行ってきました♪

しばらくブログ更新できずにいましたが、実は21日~28日まで、ミラノとニースに行ってきました♪
前にこんなおふざけをしたので「またまた~!」と思うかもしれませんが、今回は本当です。

夫が勤続20年で平日に1週間休みが取れるというので、こんな機会はめったにないと、思い切って海外へ行くことにしました。
夫とハリボーは「サッカーが見たい!」、私は「リゾート地でゆっくりしたい!」という望みがあり、両者の願いが叶えられる場所はないかと旅行会社に相談した結果、今サッカーはオフシーズンで試合観戦は難しいけれどACミランとインテルミラノのホームスタジアム見学ができる北イタリアのミラノと、そこから列車で移動できる南フランスのリゾート地ニースという案があがり、そこに決めました。

今回相談や手配をお願いした旅行会社”ムーヴトラベルサービス” は、本町商店街入り口にある個人の小さな旅行会社です。ちなみに社員の方はmederuのお客様でした001.gif
気軽に相談できる町の旅行会社さんなのでご旅行の際にはぜひ!(宣伝料をもらっているわけではありません。)

今回のミラノ&ニース旅行、これといった怖い目にあうこともなく、家族皆体調も良好でピザやパスタを食べまくり、とても楽しい旅行となりました。
詳しくはボチボチ書いていきたいと思いますが、大まかなことはハリボーの夏休みの宿題のミニ日記に書かれていたので今日はそれを載せて…。

『自分の予定』欄には「ミラノへ行く→ミラノ→ミラノ→ミラノからニースへ→ニース→ニース→ニースから日本へ」と、なんて小生意気な小学生なのでしょう!
ちびまる子ちゃんの花輪くんの日記のようです。「やあ、皆はどんな夏休みを過ごしたんだい?僕はミラノとニースへ行ってきたのさ~。」という声が聞こえてきそう。
まさか自分がこんないやらしい子育てをするとは…。
c0199743_3535086.jpg


<ハリボー日記>
(1日目)
「飛行機で14時間もかかった。機内では1つの席に1個モニターがあって、映画を見たりゲームをしたりしてひまつぶしをした。機内食は美味。」
→機内食はラザニア、軽食でおにぎりも出ました。ちなみに立派な席のようですが、当然エコノミーです。

(2日目)
「レオナルド・ダ・ヴィンチがかいた「最後の晩餐」をみた。謎多く、不思議な絵だった。ACミランとインテルがつかっているスタジアムを見学した。更衣室の違いに差がありすぎておどろいた。」
→「最後の晩餐」はとても感動しました。ガイドさんからは「この年齢でこの絵を見られるなんていいですね。」と言われました。
スタジアム見学はハリボーの言うように、両チームのパトロンの財力の差が顕著に出ていました。ACミランの選手控え室の椅子は革張り、インテルのほうは普通のベンチです。それでもそのベンチに座れた長友は日本の誇りです。
↓スタジアム
c0199743_952192.jpg


(3日目)
「大聖堂にこしかけた。こしかけながら€(ユーロ)をだましとろうとしてる人を見ていた。乾燥コーンをつかって鳩をおびきよせ記念写真をとらせ、ユーロをもらっていた。」
→神聖な場所で横行している詐欺まがいの行為を見ていた日本人3人(私たち)。でも、スリなどの本物のワルよりはまだましな顔つきだったように思う。
ハリボーは、東MAXのように私が札束で顔を扇ぎ、それを見せながら「How much?」と聞いたら詐欺まがい行為をしている人たちは果たしてどんな顔をするのかを見てみたいと、人の悪いことを言っていました。でも実際寄って来られると、はにかみながら控えめに「No」と言うだけで「ハッハ!バ~イ。」とからかわれていました。
↓ミラノの中心地ドゥオーモにある大聖堂
c0199743_9522261.jpg


(4日目)
「朝食を食べた後、すぐに駅へ行って4時間11分かけてニースへ行った。ついたら、ホテルを散策したあと海水浴をしたりプールで泳いだりした。楽しかった。」
→夫と私は海か山かでいうと山派なので今までは山ばかりで考えてみたらハリボーにとっては初めての海水浴。海水浴デビューが地中海とはまたなんて小生意気な!でも私は神奈川の三浦海岸デビューを誇りに思っていてよ。
↓青い空と広い海!暑くもなく寒くもない温暖な気候で快適極まりないまさにリゾート地のニース!
c0199743_9524355.jpg


(5日目)
「午前中は散歩をした。午後は海水浴をしたりプールで泳いだりして楽しかった。晩ご飯を旧市街地で食べた。山盛りムール貝とペンネグラタンとクレームブリュレを食べた。おいしかった。」
→食は旅の楽しみの一つ!ミラノもニースも食べ物が美味しく大満足。エスプレッソはイタリア、クロワッサンはフランスのほうが美味しく得意分野は違います。
↓山盛りムール貝とクレームブリュレ
c0199743_953421.jpg
c0199743_9531041.jpg


(6日目)
「小さい山を登って城あとを見た後、下山した。海水浴もいっぱいした。11時を過ぎても子供がたくさん歩いていた。」
→ニースは夜10時くらいまで明るく、長期バカンスを楽しむ人たちが夜遊びしまくり。(その分、朝は遅い。)小さな子供も夜遅くまで普通にレストランなどで食事をしています。この時ばかりは「早く寝なさい!」と言われないのをいいことにハリボーも夜の旧市街地を歩いてエンジョイしていました。
↓夜の旧市街地。夜でもわんさか人がいて、街のあちらこちらから生演奏が聞こえ、大道芸も見られます。
c0199743_9533034.jpg


日本語が通じない海外での一週間、後半は少し英語が上達したような気分になりました。
上質なフランスリネンやかわいいペーパーガーランド、マルセイユ石けんなどの買い付けもしてきましたよ♪

さ、ということで、またせっせと働くとしますか!

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-07-30 10:02 | 日記 | Comments(0)

7/20(金)~7/29(日)の営業時間について

7/20(金)~7/29(日)の営業時間は下記のとおりです。

7/20(金) 11:00~19:00
7/21(土) 11:00~19:00
7/22(日) 15:30~19:00
7/23(月) 11:00~19:00
7/24(火) 11:00~15:30
7/25(水) お休み
7/26(木) 14:00~19:00
7/27(金) 11:00~19:00
7/28(土) 11:00~19:00
7/29(日) 11:00~19:00

※台風など悪天候の場合は変更になる場合があります。
 その際は電話にて問合せください。(03-6786-3999)

☆エコで便利な各種ホウキ(入荷済み)、キラキラスワロフスキーボールペン(7/20入荷予定)、旅行に便利なトラベルボストンバッグやカート(7/21(土)入荷予定)、猛暑での買い物に便利な保冷ショッピングカートやほてったところにひんやりと気持ちいいポップでかわいい氷のう(7/22(日)入荷予定)、大人気の白雪ふきん(7/26(木)入荷予定)…、続々と入荷してきます♪

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-07-20 11:30 | 日記 | Comments(0)

遠藤恵美作 ルームシューズ スポット入荷です♪

もうすぐ夏休みのハリボー。
学校の図書室から夏休み中に読むための本を数冊借りてきていました。
その中の一冊はギネスブックでした。
そういえば2~3日前珍しく熱心に本を読んでいると思ったら「世界一ゴキブリをたくさん食べた男」の記事。
夏休みの宿題で感想文を書くのではないのだろうか。ギネスブックで感想文を書く気か?
その他の本も妖怪なんとか図鑑など。お化け屋敷も入れない怖がりのくせに奇妙な話好き。
5年生になっても相変わらずのハリボーです。

さて本日は、当店オープンからのロングセラーでリピート率も高い、遠藤恵美さんのルームシューズがスポット入荷しました♪

ルームシューズ 1足税込1,980円
今回の入荷は動物柄とちょっぴりアンティーク洋服柄の楽しい2柄です。
c0199743_1052100.jpg

底部分はデニム地
c0199743_1051479.jpg


素足に軽くて履き心地抜群のルームシューズはいかがですか?001.gif

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-07-19 10:06 | 商品紹介 | Comments(0)

熱血先生とハリボー

いつの時代にも熱血タイプの先生はいて、そういうタイプが好きな子もいれば苦手な子もいる。それが自然だ。
私は、別に嫌いじゃなかった。小学校の時、授業を切り上げてすぐに屋上でギターを弾いて歌を歌いたがる先生が担任だった時があるけれど、私は授業より歌のほうが好きだったのでイヤじゃなかった。楽しく歌を歌っていた。
でも、姉はその先生がすごくイヤだったそう。どういうところがイヤだったのかと言うと、“生徒は皆楽しんでいるに違いない!”と思い込んでいるその姿、そして、それは結局“生徒を楽しませることができる自分が好き!”というのが見え見えで、そういったところがイヤだったそう。
当然、そんな風な思いは多少なりとも態度に出るわけで、姉もまたそういった先生に好かれておらず、いわゆる、贔屓されていなかった。だから益々両者の距離はひらくばかり。

今のハリボーもどちらかというと姉に近いタイプみたい。
熱血爽やかタイプの担任の先生の書く学級通信に「今日はみんなで○○しました!」「みんな口をあけて声を出して歌うことができました!」なんて書いてあると、「これ、みんなじゃないよ。一部だよ。」「口あけてれば文句言われないから口だけあけてる。でも声は出してない。」なんて言っています。ホント、かわいくない子です。
私はもちろん普通に注意もしておきます。「ちゃんと声出しなさい。」なんて、親らしく。でもそんなことは大したことじゃないと心では思いながら言っているので、そういうのも子どもには伝わっちゃってるんだろうなぁ、きっと。心は正直だから…仕方ありません。
そう、人間には心があるから、頭で考えた通りにはいきません。先生だって人間です。だから、自分と一緒にクラスを盛り上げようとしてくれる素直な子のほうがかわいいことでしょう。それも当然だと思います。(いや別に今のところハリボーへの評価が低いとは感じていませんが、もしそうでも当然だよな、ということ。)

しっかり者の女子たちはそんな先生が好きらしく、一緒になってクラスをよくしようとがんばっているようですが、中には、“先生がやって欲しいことは分かるからやってあげてる。でも心から楽しんでやっているわけではない。そんな単純なもんじゃない。”みたいなことを言っている子もいるそうです。(その子のお母さんが言っていました。ハリボーも「○○は他の(優等生)女子とは違う。わかってる。」と言っていました。)
う~ん、大人だわ。先生の要望に合わせつつ、冷静に見ています。
そう、そんな単純じゃないのよね、人って。
表面的なところだけを見て決めつけないで、もっと深いところを見て考察するっていうことが大事な気がする。(いやこれも別に今の先生がそうしていないということではなく、一般的に。)
深いところも見て考えた上である面を切り捨てて単純化することと、表面的なところだけを見てそれが全てだと安易に片付けてしまうこととは、出てくるものがたとえ似たようなものでも、中身は全然違うってことはよくある。

熱血先生とハリボーとの組み合わせ、見ていてなかなか面白いです。
ハリボーは今、とにかく色々な経験をすることが大事。色々な人がいることや、イヤなことでもやらなくてはいけないことがあることや、先生も人間で一生懸命やってくれているということを感じることなど、色々な人と色々な経験をして、少しずつ大人になっていって欲しい。

姉とも話しました。
学校時代には二度と戻りたくないけれど、今思えば学校での思い出って結構多いよね、と。嫌なことでも何でも、記憶に残っているということはそれだけ勉強になったということだ。
前に中村うさぎがこんなことを言っていたな。「学校は、自分に向いてないことを知るために行くところだ。好きだけど向いてないとか、嫌いだけど向いているとか、そういうことを知るために全部のことを一通りやらされるんでしょ。」
何が向いているかを知るため、というのはよく聞く気がするけれど、確かに、向いていないことを知るため、という面もある。
向いていることを知るよりも向いてないことを知るほうが多いくらいな気もする。

学生時代って大変だ。特に義務教育って…。ああ、終わってよかった!万歳!
ハリボーまだ続く。フフフ…ちょっと面白い。私にとっても初めての子育て、こういう面白さがあるとは思わなかった。
最近益々生意気になってきたハリボー、何か聞いても「分かんない。」と答えることが多くなってきた。
どっちか好きか、といったことでも「分かんない。」
「どっちが好きか、なんて自分の気持ちでしょ?同じなら同じでもいいよ。」
「分かんない。自分の気持ちが分かんない。」…こんな調子。
考えるのが面倒臭いの半分、本当に自分の気持ちが分からないの半分って感じ。こういう時期、自分にもあったような気もする。
少しずつ深く考えられるようになってきたけど、深く考えるのが面倒臭いっていう時期なのかな。
ハリボーがこうなった時は、私ももう分かんないので、放っておく。

よく男の子は「うるせえ!」「知らねえ!」「風呂」「飯」しか言わなくなるなんて話も聞くけれど、その前兆なのか?
こうなってきた時に、自分は親としてどうなるのかな?と思っていたけれど、今のところ、何とも思わない自分がいます。それが結構新鮮な発見だったりします。
前から“子どもが生意気になってきても自分はあまり何も思わなそうな気がするけれど、実際にはどうなんだろう。やっぱり悩んだりするのかな?そうなってみないと分からないな。”と思ってきたけれど、今のところ、“ま、別にいっか!”と特に何とも思わない自分に“へえー、やっぱり私ってそうなんだ!”って感じです。
姉にも話したら「あんたはそうだよ。」とあっさり言われました。

でもまだ分からない、とも思っています。これからか!?とも思っています。
ただウチの両親の血を継いでいるので…。
ウチの両親は、姉があと一日学校(高校)を休んだら退学になるという段階に来るまで事の重大さに気づいておらず(随分休んでいるな。サボっているな、と思ってはいたらしい。そうなる前にも先生から連絡もあったわけだし。)、姉の口から「高校をやめたい。」と直接出たときに初めて真剣に3人で話し合っていたのを覚えています。いつになく真剣に、和室で3人で話し合っていました。
でもその真剣さもどこまでだったのか…。「高校くらいは出ておいたほうがいいぞ。」と父に言われた、ということは後で姉から聞きました。母はただヒステリックに泣き、でも泣くだけ泣くといびきをかいて寝るような母でした。
そんな話し合いの結果、姉はどうしたかと言えば、結果的には無事(ギリギリ)卒業し、その先専門学校まで行き、資格を取り、今はやりたいことを仕事にしています。
「あの時、“何が何でも学校に行け!”と無理やり連れて行かれたり言われたりしなかったのが救いだった。」と後々、姉が言っていました。苦しいときに行かされていたら、生きていなかったかも、とも言っていました。

何がよいかは分かりません。
ただ、ハリボーの親は夫と私だけで、夫と私の子はハリボーだけ。それも何かの縁なのだろう。
周囲の人と関わりながらも、私達親子3人、自分たちのやり方で進んでいこうと思います。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-07-17 09:00 | 日記 | Comments(0)

最近のニュースから~パンダ・レバ刺し~

「パンダのニュースから」

上野のパンダの赤ちゃんが生まれて間もなく死んでしまい、かわいそうでしたね。
小さな命が儚く終わってしまったことは残念です。
でも、もうパンダはいい、という気持ちのほうが大きいです。
年間8,000万円ものレンタル料を中国に払い、維持費を合わせれば年に1億円近くもかかるパンダ。その分を復興にまわしたほうが…と思います。

前にもパンダのこと書きました。「パンダ 中国 mederu」で検索したら出てきました。この日記です。
クライストチャーチでの地震のことも書いたこの日記から間もなく、日本でも起きた大震災でした。
以前の日記では、「中国が悪いとかでなく…」と書いていますが、今はやっぱり中国も悪いよな、と思います。
他の国はここまで一つの動物を所有物のように扱っていない。“パンダ外交”ってなんだよ!と腹立たしく思います。

絶滅危惧種のパンダ、もう自然の中でそっとしておいてあげたい。
もう、パンダはいい。


「レバ刺し禁止のニュースから」

レバ刺しが禁止になる前にと駆け込み需要のお客さんが増えているとか。
普段自らオーダーすることはない私にとってレバ刺しが禁止になってもそれほど痛手はないけれど、レバ刺し好きな人にとっては、この禁止は重大ニュースだろう、と思います。
レバ刺しもふぐのようにライセンス制にすることはできないのか?
きちんと調理しなければ死ぬという点では、ふぐのほうが危険性は高い気がします。ふぐ免許のように、レバ刺し免許を作り、その免許を持っている人が調理する分にはいいんじゃないかと…。
今レバ刺しを食べる人は、“あたったら死ぬかも”ということを覚悟の上で食べているわけで、それならそれで、その人の食物選択の自由を尊重してあげていいのではないかと思います。それであたったって、自分で選んだのだから本望なのではないか、最後に美味しいレバ刺しが食べられて。
それがイヤなら食べなければいいだけでしょう?…そう思うのは私だけでしょうか。

そう、何が言いたいのかと言えば、安易に禁止する風潮が好きじゃないのです。
なくすことは簡単で、なくそうと思えば簡単になくなってしまいます。
このまま禁止が続けば、10年後にはきちんとレバ刺しを作れる人の数も減り、レバ刺しという食べ物自体がなくなってしまうかもしれません。食べられるものの数を減らすことは、長い目で見れば、万人の健康を保つことにはつながらないような気もします。

レバ刺し問題(誰も問題にしてないって?)から入りましたが、短絡的に判断してすぐに切ったり、排除する方向にいってしまうといった傾向は今の社会全体の傾向のような気がします。

最近知り合いから聞いた話では、授業をきちんと受けない子(小学校中学年)を、転校させろとクラスの親が教育委員会に言い、教育委員会も授業を見に来たとか。
その子の妨害ぶりがどの程度なのか知りませんが、たかだか小学中学年の子なのだし、大したことないだろうと想像できます。子ども一人のために大騒ぎして右往左往する大人たち。
その子を転校させたところで、そのクラスの問題が解決するとは思えません。
その親はきっと、“自分の子どもの教育の質を落としているのはあの子のせいよ!”と思っているのでしょうが、子どものすることにいちいち目くじら立てて教育委員会を動かすことにより、担任の先生の意識は教育よりもそちらのトラブルのほうに向き、学校長も然り。子どもたちだって何だか分からない大人たちが自分たちの授業を見に来てピリピリ感漂う中授業を受け、そのほうがよっぽど教育の質を落としているだろうに、と思います。
そのことに気づいていない短絡的な親は本当にバカです。

まあ、バカはいつの時代にもいます。でもバカのほうに引っ張られ、言った者勝ちとばかりにバカの思う壺になってしまう流れは止めたい、と思います。
バカが一人二人いても、「あいつらバカだよね。」と言える人が多数いれば、バカに汚染されることはありません。
バカの声が大きくても、もっと大きな声で「お前バカか!」と言える大人が減っているのだと思います。
「お前バカか!」と言うことは、勇気のいることで、それによって発生する全ての問題に責任を負う覚悟で言わなければいけません。
前は学校長なりがその役割をしてくれていたのだと思います。「全ての責任は私が負います!」という大人が今よりも多かった気がします。
金八先生だって、トラブルにおどおどする教頭に対して赤木春恵演じる校長がしっかりと「私が認めます!」と言い、金八先生はその後押しもあり、自分の教育を全うするといった場面がたびたびありました。

大津市のいじめ問題でも、子どもたちはどんな目で大人たちを見ているのだろう。教育よりも自分たちの責任逃れ、事なかれ主義に徹する大人たちを。
自殺してしまった子の死は本当に残念な悲しいことだけれど、彼の死によって今の教育現場の問題が露呈し、議論されるようになることで、彼の思いも少しは浮かばれるのではないかと思います。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-07-13 13:10 | 日記 | Comments(0)

nemu 天然石アクセサリーのご紹介♪

今日は当店人気アクセサリー作家nemu(ネム)の新入荷作品をご紹介しようと思いますがnemuさんといって思い出したエピソードが。
前にイラストレーターのサトウユカさんがやってくれた心理テスト“今あなたが求めているもの”というので(やり方は忘れてしまいました)、私は“自然”と出て、「ああ、キャンプとか行ってるし、自然を求めてるところあるかもー。」なんて言っていたのですが、nemuさんはなぜか“新宿の思い出横丁”と出ていましたっけ。
「全く求めていないんですけど…。」と言っていましたが、「これ、当たるんですよ!」「潜在的に求めてるんじゃない?思い出横丁を。」なんて話したのを覚えています。
繊細なアクセサリーを作るnemuさんと新宿思い出横丁とは一見意外な取り合わせですが、思い出横丁もきっと繊細な所だと思うの。飲兵衛のおじさんたちも繊細な人たちだと思う私は、妙に納得したのでした。
nemuさん、変な話を思い出しちゃってごめんなさい!でもnemuさんなら大丈夫、許してくれるはず!思い出横丁のおじさんたちのように寛容な広い心で…。

ということで、当店人気のアクセサリー作家、nemuの天然石アクセサリーを今日はたっぷりとご紹介します。定期的に入荷しておりますのでどうぞ見にいらしてください♪

アメリカンピアス 税込2,625円~2,730円
※アメシストはsold outとなっております。
好きな長さに調節できるアメリカンピアス。
耳元で揺れるのが素敵です。
c0199743_11492289.jpg


シェル・MOP・淡水パールネックレス 各税込2,100円
シェルやMOP(マザーオブパール)、淡水パールネックレスは夏にオススメのアクセサリー。
シンプルでどんな服にも馴染みます。
c0199743_11493992.jpg


フープイヤリング 税込4,200円~5,250円
※サンゴはsold outとなっております。
天然石を贅沢に使った人気のフープシリーズのイヤリング。
ピンクはサンゴ、黒はオニキス、クリアはクリスタルです。
c0199743_11495877.jpg

パープルはアメシスト、紺はラピスラズリ、白は淡水パールです。
※一緒に写っている淡水パールのネックレスはsold outとなっております。
c0199743_11501499.jpg


各種天然石ブレスレット 税込1,890円~2,310円
夏はブレスがきれいな季節☆
洋服に合わせて色々なカラーを持っていたいですね。
c0199743_11503051.jpg
c0199743_11503823.jpg


貝殻モチーフネックレス 各税込1,680円
貝殻モチーフと小粒な天然石のデザインがかわいいネックレス。
石はサンゴとMOPです。
c0199743_11505113.jpg


各種ピアス/イヤリング 税込1,260円~2,730円
※下のガーネットとガーネット×淡水パールはsold outとなっております。
天然石や淡水パール、コットンパールなどを使った、テイストもいろいろなピアスやイヤリング。
夏は特に色のついた石が人気です♪
c0199743_11511267.jpg

シンプルな一粒パールはオフィスやパーティーなど幅広い用途に使えるので一つ持っていると重宝しますよ~。
c0199743_11512586.jpg


リメイクネックレス&ブレスレット
お持ちのアクセサリーのリメイクなども承っております。
イメージをお聞きし、nemuさんにオーダーします。
切れてしまったロングネックレスも、こんな素敵なネックレスとブレスレットに生まれ変わりました!
c0199743_1151458.jpg
c0199743_1151517.jpg


その他、定番人気の一粒石ネックレスや連ネックレスも各種入荷しています♪
c0199743_1156479.jpg

※サンゴはsold outとなっております。
c0199743_115289.jpg


雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-07-11 11:57 | 商品紹介 | Comments(0)

大切な命

大津市で起きた男子中学生の自殺の報道を見るたびに胸が痛みます。
どんな思いで死を選んだのか、どれだけ辛かったことか、と。

色々な考え方があるでしょうが、私はハリボーに「死ぬほど辛いような学校なんかには行かなくてもいいとお母さんは思ってる。」ということと、「幾らでも他の世界があるんだよ。辛いその時はもうこの世界しかないんじゃないかって思ってしまうんだけど、そんなことはないってことだけは覚えてて。もし死にたいようなことがあったら、お母さんがそんなこと言ってたなって思い出して。中学生で死ぬなんてもったいなさすぎる。学校時代なんてほんのちっぽけな間なのに。幾らでもその先に別の世界があるんだからね。」ということと、「ふざけてるつもりでも、相手が悲しむイヤなことをしちゃだめだよ。」ということを言いました。

ハリボーは「もう!いじめられてないから大丈夫だよ!いじめてもいないし!いじめなんてない。」と面倒臭そうに聞いていました。

こういう問題はもう、こうなってしまった以上環境を変えるしかないような気がする。
だから逃げていいと思う。そんな世界からは逃げたほうがいいと思う。
もしハリボーにこんなことが起こったら、全力で逃がそう。
命を守るためなのだから。大切な大切な命なのだから。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-07-10 13:57 | 日記 | Comments(0)

瀬戸内寂聴さんのお話

昨日、東京国際ブックフェアに行き、そこの基調講演で瀬戸内寂聴さんの講演を聴きました。
瀬戸内寂聴さんのお話は一度生で拝聴したいと思っていたので、とても嬉しくありがたい時間でした。

御歳90歳になられるという瀬戸内寂聴さんから「これからは電子ブックの時代だと思います。」という言葉が出たときは驚きました。
新し物好きだという寂聴さん、電子書籍を既に発行されたそうです。
作家は、売れる売れないではなく、できるだけ多くの人に読んでもらいたい、という気持ちで書いているので、その媒体が何であろうとあまり関係ない、という話には納得。
ただ出版社はそうはいかず、電子書籍はあまり出版社的には儲からないそうなので、この先どうなっていくのか、出版社の上層部は自分が定年するまで新しいことには手を出したくないというのもあるのではないか、ということも言っていました。
ただ瀬戸内さんは、仏教での「無常」という言葉を使い、世の中は常に移り変わっていく、同じということはありえないのだから、出版業界も必ず変わっていくだろうと言っていました。
本当にそうだ。
世の中も、人生も、常に変化していきます。ずっと同じなんてありえません。同じことを求めてもそれは叶わず、変わっていくのが常なのです。
だからこそ、今この一瞬一瞬を大切に生きていきたいとの思いに至ります。

その他印象に残った言葉。

「恋と革命」
人間に大切なのは恋と革命ということ。
会場で質問をした40歳の女性にも「女の40は一番いい時よ!50、60でいったんホルモンのバランスから憂鬱になる時があるけれど、それを過ぎればまた元気になって、いくらでも、何でもできます!それに活き活きしているとモテます(笑)」と言っていました。
それはもちろん不倫をしなさいとかそういうことではなく、情熱を持って生きなさい、そうすれば魅力的な人になりますよ、ということだと思います。
岡本太郎も同じようなことを言っていたなぁ。
せっかく生まれた一度きりの人生、自分の好きなことを大切にしながら情熱的に生きないともったいない、と私も強く思います。
人間、年齢を重ねると落ち着いてくるものかと思っていましたが、私の場合、年をとればとるほどあれもやりたい、これもやりたいとなってきて、1日24時間じゃ足りず、どんどんと独自の路線を突き進む感じです。他人の評価とか、人に嫌われたらどうしようとか、そんなことも一層どうでもよくなっていく自分がいます。
もちろん、傲慢になってはいけない、気をつけよう、とも思います。でもその反面、“もういい!傲慢だろうが何だろうが自分の思うまま生きることしかもうできない!それを傲慢と思う人がいるならば、勝手にそう思えばいい!”とも思います。
人から何か言われるだとか、そんなことはもう“込み”です。いいんです。何言われたっていいや!と思って進んでいるのです。

「自分がいることで誰かを幸せにする。そのために私たちは生まれてこさせられたのです。」
この言葉を寂聴さんが言うと、ただの言葉ではなく、言霊になっていました。
一瞬、会場がシーンとなり、それぞれの胸にしみていっている空気を感じました。
涙を拭いている人もいました。
そして、このことを若い人や子どもたちに伝えていって欲しいと言っていました。
夜、ハリボーに「ハリボーがいることでお母さんを幸せにしてくれているよ。人は人を幸せにするために生まれてこさせられたんだって。生まれてきてくれてありがとう。お母さん以外の人もたくさん幸せにしてね。」と耳元で言うと、ハリボーはちょっと嬉しそうだけど鼻にシワを寄せて「フンッ!」という、この手の話しをした時によくする表情をしていました。
それを見ていた実家の母(ちなみにそのうち書こうと思っていましたが今年4月から実家での夕食は週に1回になりました。あとは私が作るようになりました。以上プチ報告でした。)は「あんたたち、ケンカでもしたの?」と言っていました。そして自分は「ユズ!(愛犬)お前は私を幸せにするために生まれてきたんだね。」と言っていました。ユズは無視して寝ていました。
そして夫はこの一部始終のやり取りをただ黙って聞いていました。

「今の日本は危ない。滅亡に向かっているように思います。いや日本だけではなく、地球全体が滅亡の方向に向かっていると思います。」
やっぱり、寂聴さんもそう思うのか…。皆薄々感じていることなのでは。
ならば、もういいやと刹那的に生きるのか、ならばこそ!と、自分の使命に情熱をかたむけて生きるのか、それはもう自分次第です。

朝起きてから夜寝るまで、ずっと仕事をしているという寂聴さん。でもその仕事が自分の好きな仕事だから活き活きとしているのでしょう。自分の好きなことを仕事にできていることは幸せでありがたいことだと言っていました。

結婚して子どもを生み、ある年までは優等生で真面目にきたそうですが、途中から不良になり、家を出、不良になってから楽になり、人生が開けたそうです。
その後も色々あり、出家に至り、そして今があるのですね。
90歳になった今でも元気でにこやかで声に張りもあり矍鑠としていて、あんな風に年をとれたら幸せだなぁと思いました。
キラキラとしたオーラを感じた一日でした。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-07-06 08:32 | 日記 | Comments(0)

フォーラムのお知らせと大飯原発再稼動について

今度の七夕の日、こんなフォーラムでシンポジストとして“エネ*コレ キャンドル”の活動などについて話すことになりました。
テーマはどうも“生き方”についてらしい。どんな展開になるのか、私もまったく分かりません。
ご興味のある方はどうぞ。
c0199743_12294484.jpg


ところで、大飯原発が再稼動しました。
このことについて今私が思うこと。
必死にゲート前などに座り込んだりしながらデモ活動をしている人たちのことを“過激だ”“こんなことをしたって変わらないのに”と、少し前まで私もそう思っていた傾向にあったかもしれません。ごめんなさい。
自分たちの思いを非暴力で訴えるにはあのような形しかないのに。
報道では警察隊ともみ合ったりしている場面ばかりを流すから過激と思ってしまいがちだけれど、武器も持たず、身一つで訴える、そこに暴力性はない。
立ちはだかる権力、自分たちの利権を貪る人々…そのような構造的な暴力のほうがどれほど暴力的なことか。
その暴力に対して、非暴力的な手段で訴えているその声が無視された、それが今回の再稼動だと思う。

そして、このことに無関心な人の多いことが悲しい。
でも、諦めてはいけない。声を出し続けることしかない。冷静に。

一つの参考までにあるシンポジウムと講演を載せます。
<第9回東京平和映画祭シンポジウム>→http://www.ustream.tv/recorded/23689741
15歳の子だって分かっている。
本当のジャーナリズムとは?
20年後、30年後の人たちが「正しかったよ。」と言ってくれることを。

<上杉隆氏の講演>→http://www.ustream.tv/recorded/23691363
そんなジャーナリストがいたこと…。
馬渕さん、最近見ないと思ったら。

もっともっと私達は、考えなければいけないと思う。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-07-02 12:35 | 日記 | Comments(0)

最新の記事

蚊帳生地ふきんLOVE
at 2017-11-22 09:52
はじめまして!のシェルのお箸置き
at 2017-11-21 11:47
営業時間のお知らせ
at 2017-11-18 06:13
晴雨兼用傘が入荷しました♪
at 2017-11-16 23:44
晴れのち・・・
at 2017-11-16 23:31

最新のコメント

mioさん、ありがとうご..
by mederu8 at 00:27
Kさん いつもありがとう..
by mio at 23:43
> SWOT倶楽部さん ..
by mederu8 at 10:51
お久しぶりでございます。..
by SWOT倶楽部 at 01:58
なつみ様 お久しぶりで..
by mederu8 at 00:53
お久しぶりです! 私も..
by なつみ at 00:13
ご自身の貴重な経験からの..
by mederu8 at 00:14
きらママさま 涙が出る..
by mederu8 at 22:42
10周年おめでとうござい..
by きらママ at 21:37
きらママ さま お..
by mederu8 at 23:54

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
セレクトショップ