雑貨セレクトショップ mederu


mederuは、心地よさ、まごころをテーマにした 「人にやさしい雑貨屋」です。
by mederu8
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

原監督のこと

原辰徳監督が女性問題を隠すために一億円払った件、一億円も払ってしかも後からバレるなんて、なんとも情けない話。
でもこれで、“賢く真面目な愛妻家”というイメージを守らなくてもよくなったわけで、少しは面白みが出るかな?
原監督に関しては、確か以前このブログでも書いたなぁと思い、「原監督 mederu」で検索してみると、2つの記事がヒットしました。
これこれ

原監督という人の言動からは“本物の原という人の本心”が伝わってこず、“面白みがない人”の代表格だと思っていたので、こんな2回も登場させていたのね、私。
そして今回のスキャンダルで3回目の登場となりました。

やっぱり、どんなに真面目そうに見えても人なんてわからないもの。けれど、自分らしさを出さずに演じている人は面白くないから、それは出てしまっている。
自分の非を隠そうと一億も払い、しかも奥さんから借金したとか。
”わあ~どうしようどうしよう!ごめんなさい!わかりました、払います。奥様、スミマセンでした。あなたには一生逆らいませんからどうか許してください~。ナベツネ様、あなた様にも一生従います。”という感じだったのだろう。その小ささが情けない。
でも、これで初めて原監督という人の“人間性”が見られた気がして、そこはちょっと嬉しい。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-29 11:53 | 日記 | Comments(0)

日々精進なり…。

今日はちょっと真面目な話し。

先日、80歳近くてボランティア活動をしている人が嬉しそうに「長生きの秘訣は、運動と栄養と社会的な活動」と書かれた新聞記事を見せてくれました。
読むと、適度な運動と栄養が満たされている人はどれかが欠けている人よりも長生きをし、更にそこにボランティアや地域活動などの社会的な活動が加わると、ぐんっと長生き率が高くなるというデータが出ている、といった内容でした。
確かにそうだろう、と思いました。

社会に自分の居場所があるということも精神的な安定剤になるだろうし、社会に目が向いている人たちというのは、とにかく元気な人が多い。それは実際見ていてそう思います。
あのパワーは一体どこから出てくるのだろう、と思わせる人たちのなんて多いこと!
その逆の人たち(自分と家族の範囲のことしか頭になく、しかも愚痴の多い人たち)について、「そういう人たくさんいるよ。」という話しも聞くけれど、いやいや、そうじゃない人もたくさんいるから。
どちらもいるなら、できれば元気で明るく社会に関心のある人たちとお付き合いをしていきたいと私は思います。

そして先日、町会のご年配の方の話を聞く機会があり、そこでおっしゃっていたことで「ホント、その通り!」と強く共感したことがありました。
「明るく楽しくやる、というのは、明るく楽しいことばかりをやるということじゃあないんです。明るくやろう!楽しくやろう!と思ってやるということなのです。活動していれば、そんな明るく楽しくやれることばかりじゃあありません。大変ことも、楽しくないことも幾らでもある。それでも、明るくやろう!楽しくやろう!と思うようにしてやっていくということなのです。」といったこと。
まさにその通り!

ボランティア活動というとよく“無理なく自分のできる範囲で…”ということが言われ、もちろんそういう活動なのだけれど、それは、ルーズでいい、なあなあでいい、責任を持たなくてもいい、ということとは違う。
楽しいことだけを責任を持たずにやりたいという人もいるけれど、そういう人に成長はなく、結局そこ止まりの人でしかない。厳しい言い方かもしれないけれど、そういうことだと思う。(そういう人が悪いと言っているのではなく、別にそれでもいいのだけれど、そこ止まりの人だよね、ということ。)

どんなことでも、約束したら守る、期限があることを任されて引き受けたのなら期限内にやる、必要な連絡はきちんとする、返事を求められていたら返事をする…。
それはもう人としてのマナーだろう。
「今の若い人は…」なんて言葉はあまり口にしたくありませんが、最近の若い人にそういった基本的なことができない人が多いことは確か。これは教育の問題も大きいのだろう、と思います。

仕事やバイトなど、そうしなければクビになるなど、自分にとって損害になるとハッキリしているようなことはかろうじてやるのだけれど、すぐには自分の利益にならないような活動に対してはとたんにルーズになってしまう傾向が見られます。
その点、やはり年配の人たちはきちんとしている人が多く、特に“おじさん”と言われる人たちは本当に頼りになる人が多いと実感しています。
分かっているからだと思う。“誰かがやらなくちゃいけないことだから”ということを。だてに厳しい社会を生き抜いてきたわけではないということを感じます。

若い人たちにこの辺の“得にならないけれど誰かがやらなくてはいけないからやるのだ”という感覚が不足傾向にあるのは、市場原理主義の影響ではないだろうか。教育が市場原理主義になった結果であるような気がします。

まあ、今日は教育については置いといて…とにかく、たとえボランティア活動だからといって基本的なマナーは守るべきで、それをしないことをよしとしてしまったら、その活動はもう活動ではなく、単なる暇つぶしや仲良しグループの集まりだ。
もちろん、仕事があって出られなかったり遅れたりすることはありえます。それはいいのです。仕事が本業なのですから。ただ、遅れるなら遅れると言っておく、自分の関われる範囲をきちんと事前に伝えておく、できるだけ出られるように調整してみる、というような姿勢で取り組まなきゃね、ということを言いたいのです。

ボランティアであろうが、ルーズであてにできない活動にはしたくない、という思いがあります。そうなってしまったら、ボランティア活動の品格が落ちてしまうから。ボランティア活動は品格あるものだという思いがあるからこそ、ここは曲げたくない、厳しくいきたい。自分に言い聞かせる意味でも、そう思うのです。

桜井よしこさんがある本でこんなことを書いていました。
「権利の裏には責任があり、自由の裏には義務がある。それを果たしなさい、ということはすっぽり抜けている。…戦後の日本人は個人、個人、個人。家族の一員でも社会の一員でもなく、すべて個人重視。その偏った在り方を正していく必要がある。」
う~ん、桜井よしこさんの言葉にはいつもピリッと背筋が伸びます。

自分を律するって本当に難しいことだけれど、でも、こうありたい、と思って気をつけることくらいならできるはず。
権利ばかりを主張せずしっかりと責任を持とう、自由ばかりを求めず、きちんと義務も果たそう。家族の一員として、社会の一員として、自分のことばかりでなく周りの人のことも考えられる人になろう、と。

生きている限り、日々精進なり…。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-26 12:59 | 日記 | Comments(0)

『第3回 2012・夏 キャンドルナイト in いたばし』終了しました♪

mederuも賛同している『第3回 2012・夏 キャンドルナイト in いたばし』が終了しました~!
今回は150人を越える人々が集まりとても素敵な一日でした。
お客様もいらしてくださっていました。ありがとうございました001.gif
また冬にも開催予定です072.gif

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-24 11:03 | 日記 | Comments(0)

4mame 新作&新アイテム 入荷してます♪

今日は人気の布作家4mame(ヨンマメ)さんの作品をご紹介したいと思いますがちょっとその前に…。

4人の男の子のお母さまでもある4mameさんから、「一番下の子(ハリボーより年下のお子さま)はまだおひざに抱っこが好きなのですが、ハリボー君もまだ抱っことかしますか?」と聞かれました。
します、します!
意外と言われることもあるのですが、我が家はたぶん他の家庭よりもスキンシップが多いほうだと思います。抱っこもしますし、「ギュッギュッギュー!(と言いながら段階的に強く抱きしめて)好き好き好き!!」と言うのも毎日の儀式です。
夫もたまにハリボーのことを抱っこします。ハリボーは夫のは嫌がって逃げようとしますが、私のは喜びます。(ちょっと優越感。)
それでも、一歩外に出たら人目を気にして私に素っ気無い態度をとったりする普通の小5男子です。

私は“スキンシップをきっちりとした子ほどきっちりと離れることができる”という説を信じていて、愛情タンクのようなものがあり、それが満たされると次の段階に元気よく行けるのではないか、と思っています。
そして、こんなスキンシップは今しかできないのだからたっぷりと楽しんでおこうと思っています。

私自身も幼い頃は父のことが大好きで父とベタベタでしたが、ある程度の年になったらスーッと離れましたし。
母は普通かどちらかというとドライなほうでしたが、その分、いやそれ以上に父は愛情表現がストレートでたぶんちょっと異常なくらいの愛情過多な人。
先日知人に「ウチは変な話し、“お前達がかわいくてたまらない。お父さんの口の中につばを吐いてもいい。そんなの全然平気だ!”と言われながら私も姉も育った。」と話したら、「本当に変な話しですね。」と言われて笑ってしまい、そのことを姉に話したら「我が家では普通の会話だったけど、やっぱ変だったよね。」と笑い合いました。
さすがに私も姉も“ウチのお父さんはちょっと普通じゃない。”と気づいていたし、私もハリボーにそこまでは言いませんが。
ということでやや極端な例を出しましたが、肌と肌の触れ合い、親子間でのスキンシップは大切だと思う派です。

前置きが長くなりました。
それでは、ナチュラルなテイストと丁寧な仕事でファンも多い4mameの世界をどうぞ~♪

グラニーバッグ 各税込4,200円
サイズ:縦(持ち手含まず)29cm×横43cm×マチ幅10cm
※グリーンはsold outとなっております。
ありそうでない形のグラニーバッグ。お出かけバッグとしてオススメです☆
c0199743_11492179.jpg

内側もかわゆい053.gif
c0199743_11511911.jpg
c0199743_11512445.jpg


パッチファスナーポーチ 各税込1,680円
サイズ:縦16cm×横20cm
※手前のブルーはsold outとなっております。
何にでも使えて便利なファスナーポーチが4mameテイストで登場です!
c0199743_11514441.jpg


072.gif初アイテム♪
チャーム付きカブトピンブローチ 各税込1,260円
※下のピンはsold outとなっております。
バッグや帽子、ストール留めなどに…。
アンティーク調で4mameバッグに付けても合います056.gif
c0199743_11521181.jpg


パッチ切替トートバッグ 税込3,360円
サイズ:縦(持ち手含まず)31cm×横37cm×マチ幅3.5cm
夏の日差しにピッタリな大人かわいいトートバッグ。
布バッグは折りたためて軽いので旅行用のセカンドバッグとしてもオススメです001.gif
c0199743_115463.jpg

中の生地も素敵ですよ。
c0199743_11542396.jpg


その他、定番人気のピンクッションや四重ガーゼハンカチ2Pセット、ブラックリネンバネポーチも入荷しています♪
ピンクッション(L) 各税込630円
サイズ:直径約6.5cm
※sold outのものもあります。
c0199743_1154425.jpg

四重ガーゼハンカチ2Pセット 各税込683円
サイズ:(M)25cm×25cm (S)20cm×20cm
※sold outのものもあります。
c0199743_11545759.jpg

ブラックリネンバネポーチ 各税込1,365円
サイズ:18cm×13cm
c0199743_11551330.jpg


雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-20 12:02 | 商品紹介 | Comments(0)

本日6/16(土)から6周年記念セールがはじまります!

本日6/16(土)~7/1(日)まで、6周年記念セールです♪
c0199743_951403.jpg
c0199743_9514971.jpg
今年も“イラストレーターしまだいさお”さんにイラストをお願いしました。
梅雨のある日の一ページ。キャンドルを灯し、お茶を飲みながら本を読む女の子。ふと窓の外を見ると、かたつむりさんと目が合って…そんな楽しい場面です。
イラストレーターしまだいさおさんは、6/23(土)の『キャンドルナイト in いたばし』にも賛同してくださり、そこで飾るペーパーバッグ行燈もお友達と共に数点製作してくださいました。
もしこのブログをご覧になった方で“私もペーパーバッグに絵を描いてみたい!”という方がいらっしゃいましたら、shop@mederu.jpまでご連絡くださいね。ペーパーバッグをお渡しします☆

さて、mederuもオープンから丸6年、次はラッキーセブンの7年目に突入です。
お客様をはじめ、作家様、業者の皆様…いつも本当にありがとうございます。
スタッフの皆もありがとう。
皆様に支えられ、商店街の中の小さな雑貨店がどうにか6周年を迎えることができました。
とにもかくにも感謝の気持ちでいっぱいです。

6年目の一年間は、mederuの体制も大きく変わった一年でした。
昨年秋から入ったアルバイトスタッフ2名は、現在まで無遅刻・無欠勤という真面目な勤務態度で続けてくれていて、いい子達に入ってもらえたと思っています。
オープン当初から苦楽(?苦は大して感じてこなかった気もするけれど)を共にしてきたスタッフKちゃんへの信頼は言うまでもありません。
4人体制となり、私がお店に立つ時間は以前と比べて短くなりましたが、仕入れなどは手を抜かずにやっております!そして今後も更に精力的に動いていこうと思っています。

地域に根ざした個人商店ですから、地元への社会貢献も当然の使命です。地域活動のほうも引き続きやっていきたいと思います。
mederuの経営と地域の活動は私にとっては別物ではなくつながっています。
どちらも自分にとって大切な営みです。
これからも、地元で愛される雑貨店として、誠心誠意、努力していきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-16 09:53 | 日記 | Comments(2)

好きな社長とそうでもない社長

日本の社長の中でも、好きな社長とそうでもない社長っているな。
実際会って話したわけではないのであくまで個人的なイメージだけど。

好きな社長…本田宗一郎はもう別格で…ジャパネットタカタの社長は結構好き。痛くない注射針の岡野社長も好き。ワタミの社長も嫌いじゃない。

そうでもない社長…某ファストファッション会社のY社長とか、某ネットショッピング会社のM社長とか、某ファーストフード会社のH社長。
理由は、日本が大変になった時にグローバル社会とか何とか言ってとっとと海外へ出ていって、日本の未来を深く考えていなそうに見えるから。

ちなみに、本田宗一郎は本社ビルを建設する時、「万が一地震が起こったときに、割れたガラスが歩道を歩く人に降りかからないようにしなさい。」といったそうです。
そして、本社ビルの全フロアにバルコニーが設置されたそうです。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-14 11:15 | 日記 | Comments(0)

冊子『シビルミニマム』に掲載されました。

mederuの取引先でもあり、6/23(土)開催の『第3回 2012・夏 キャンドルナイト in いたばし』の協力企業でもある“㈱プレス・オールターナティブ 第3世界ショップ”さんの関連グループが発行している『シビルミニマム』という冊子に私の活動が掲載されました。

なんだかすごいタイトルになっていてちょっと恥ずかしい…。
c0199743_21193055.jpg

活動はとにかく地道に地道に…。

昨日は51人の子供たちに“廃油キャンドル&ペーパーバッグ行燈作り”のワークショップを開きました。
子供たちに怪我がないよう神経を集中させながらのワークショップだったので、参加メンバー6人とも終わった頃にはぐったりでしたが、何よりも子供たちに楽しんでもらえ、こちらも貴重な経験をさせていただき、大変有意義な一日でした。(mignonnne8さんをはじめ、志村第四小学校の寺子屋の皆さま、ありがとうございました!今回はmignonnne8さんとのつながりで実現したワークショップでした。)

本当に、色々な方々に支えられての活動です。

これからも自分なりの信念と情熱を持ち続けていきたいと思います。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-10 21:25 | 日記 | Comments(0)

kiritanporitan 新作フラッグガーランドのご紹介♪

皆さん昨日は金星の影、ご覧になりましたか?
東京は曇り空で私は実際には見られませんでしたが、テレビで見ました。
なんかホクロみたいで…太陽がマリリンモンローのように色っぽく見えました。
それにしても太陽って大きい!太陽の力は偉大です。

さてさて、洋服も衣替えとなり、暑い暑い夏が近づいてきています!
でもその前にはジトジトとした梅雨の季節が。。。
雨降りでお部屋にいることも多くなるこの季節、POPで明るい雰囲気に模様替えはいかがですか?

Kiritanporitan(キリタンポリタン)から、ハンドメイドのかわいいフラッグガーランドが入荷してきています!
お部屋に飾って気分転換♪
元気カラーのガーランドは子供部屋の飾りつけや、ナチュラルテイストのお部屋のアクセントとしても好相性です072.gif

フラッグガーランド 各税込1,260円
ブルー系
c0199743_1233063.jpg

レッド系
c0199743_1234272.jpg

ミックス
c0199743_1235229.jpg


雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-07 12:04 | 商品紹介 | Comments(0)

おっさん臭いハリボーの話から

ハリボーが榛名移動教室から帰ってきて、日々の学級通信から榛名での子ども達の様子が伝わってくるのですが、ある日の女の子の感想に「○○さん(ハリボーのこと)は、私の知らないような歌をバスの中でスラスラと歌っていて驚きました。」と書かれていて、また別の日の男の子の感想には「バスの中で○○さん(ハリボーのこと)の歌が一番盛り上がりました。とくに息づかいの音が聞こえないところがすごいと感心しました。」(この子の着眼点もすごいと思う。)と書かれていました。
ハリボー、着実にお調子者になってきているな。

私が「バスで何歌ったの?」と聞くと、「“津軽海峡冬景色”と“地上の星”」とのこと。
ハリボーって、志向がおっさん臭いのよね。
学校で革細工のキーホルダーを作ってきた時も、好きな言葉を刻字するのに「TUGARUKAIKYOU」と刻字したものを作ってきたし、パソコンクラブでカレンダーを作ってきた時も、数ある写真の中から富士山の写真を選んで作ってきたし。
出発の時もあるお母さんから「バスの席、皆は窓際を希望するのにハリボー君は“余興に参加したいから”って通路側を選んでたって、うちの子が言ってたよ。」と言われました。
社員旅行で張り切るサラリーマンのおっさんみたいだ。

榛名のお土産も、2,000円のお小遣いを全て食べ物(お菓子)に使い切ってきました。
c0199743_11165432.jpg
c0199743_1117487.jpg
「キーホルダーの一つでも買ってくれば思い出に残るのに。」と言うと、「だって、湯の花まんじゅうは絶対に買ったほうがいいって○○が言ってたし!」と。確かに美味しいけどね、湯の花まんじゅう。
将来、ハゲ頭になったハリボーが社員旅行で行ったハワイ土産にマカデミアナッツチョコを大量に買って配っている姿が目に浮かびました。

ハリボーの話によると、バスガイドさんは60歳を超えたおばあさんバスガイドで「みんな上手ですねー。驚きました!」としきりに言っていたそうです。(口ぶりも真似して言うので、会ったことないけど何となく“バスガイドの花子さん。この道50年。”という人物像が浮かびました。)

「(ハリボーの担任の)先生は歌わなかったの?」と聞くと「歌ってたよ。大事MANブラザースの“それが大事”っていう歌。」と。
らしい!妙に納得。毎日欠かさず学級通信を発行してしまうような、若き熱き先生なので。
子ども達に伝えたいメッセージなのだろう。
「負けないこと 投げ出さないこと 逃げ出さないこと 信じ抜くこと…」
先生が「それが一番大事~!」と熱く歌う中、教え子は「凍えそうなカモメ見つめ泣いていました あぁぁあ~…。」や「名立たるものを追って 輝くものを追って 人は氷ばかり掴む…。」と歌う。
人間って、多様だわ。
先生、色々な子がいるので、よろしくお願いします。

家庭訪問の時に「ウチの子は、学校行事に熱心じゃない先生がいいなって言っていました。」と話すと、先生は苦笑いしながら「じゃあ僕は…。」と、自ら学校行事に熱心だと認めていた先生。私は「でもだからといって冷めているわけじゃないんですよ。行事の練習のために放課後も学校に行かなくてはいけなかったりすると、友達と遊ぶ時間がなくなる、それがイヤなだけで。遊ぶほうに熱がいってしまっているだけなんですよね。でもそういう経験も必要なんで、先生は思うとおりに指導してください。」と伝えました。
そう、男子ってそうだった。合唱コンクールの練習などでも、一生懸命練習する女子の横で、ふざけてたり、練習に来なかったり。そして真面目な女子から「男子ー!ちゃんと真面目に練習してくださーい!金賞とりたくないんですかー!?」と戒められたりして。でもいざという時、ちゃんと力を発揮する子もいる。(最後までしない子もいるけど。)

私も女子だったから分かる。女子は要領がいいし、基本真面目で枠を作ってその範囲で一生懸命に力を出すことに長けている。でも男子は違う。枠の中に収めようとしてはいけない生き物なんだ。どうしようもなくて、バカな所もいっぱいあるけれど、その分、思いもよらない力を発揮したりする時もある。

先生も、最終的に頼りになるのは男子だと言っていました。女子は真面目にやってくれる時はいいのだけれど、イヤなことがあったりするとサーッと引いてしまったりする所があり、それが怖いと。でもそんな時に力になってくれるのが男子だと。女子に目を配る必要があるのはそういうところで、でもそうすると女子をひいきしているように思われて男子が離れていったり…なかなか難しいのだと話していました。
先生って、ホント大変な職業です。でもいい職業ですね。
そして、正直な先生で、若いのによく分かっている先生だと感心しました。

でもそう、私も先生も、女子、男子、経験者なのだから。
大人は皆、子ども経験者なのだから、子どもの気持ちなんて分かっているのだ。子どもはそこが分かってないから子どもなんだよなぁ。そして、分かっているのに子どもの言葉に腹を立ててしまう自分もまた、まだまだできていない大人なのだけど…。

そして、これを読んだ女子の親も、怒らないでください。これは男女差別とは違います。
男と女はやっぱり違う。その違いを認め合った上で、互いを尊重し合うのが本当の男女平等社会です。
そういった意味で、この先生はちゃんと男女を平等に見ているのだから。

おっさん臭いハリボーの話から、こんな男女平等の話になりました。チャンチャン!

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-05 11:27 | 日記 | Comments(0)

PTA推奨がなんぼのもんじゃい!

先日、携帯(電話)ショップに行った時のこと。
子ども専用の携帯電話機を店員さんに勧められました。店員さんは、GPS機能で子どもの居場所がわかること、登録番号以外にはかけられないようガードもかけられることなど様々な便利機能の説明をし、最後に、水戸黄門の印籠でも出すかのように声を強めて「PTAも推奨している商品です!」と言いました。
でも、買いませんでした。

“PTAが推奨しているからってなんぼのもんじゃい!?”が私の本音。(ホント私ってば偏屈~。)

夫は一瞬グラついていましたが、私が「持ったらきちんと約束しなくなるよ~。ハリボーの居場所なんて近所の公園くらいでだいたい分かるし、遠くの塾に行ってるでもない、今のところ必要ないでしょー。」と言うと、「そうだな!やめよやめよ。」となりました。
「PTA推奨」なんていう言葉はまやかしです。その家の教育方針に合ったものかどうかを決めるのは、その家を運営している私達なのだから。PTAの人が、個々の家の何を分かっているというのか。

いや別に、携帯を持っている子はどうのとか、そんなことを言いたいのではありません。
その家々の事情もあるでしょうし、考え方、教育方針は家庭によって違って当たり前です。
ただ我が家では、ハリボーを育てていく上で今はまだ、携帯を持つ事で得るものよりも失うもののほうが大きいと判断した、それだけのことです。

以前、被災者の方々と後楽園ホールへプロレスを見に行った時も、私と夫は仕事で直接水道橋駅に行きたく、ハリボーには一人で電車に乗って水道橋駅まで来てもらう事になりました。その時も、携帯を持っていれば何かで会えなかった時などに安堵感はあると思いますが、持っていないからこそ、一生懸命に時間と場所をハリボーに伝えました。何度も確認し、会えなかった時の対処法も教え、ハリボーも約束を思い返しながらちょっぴり緊張と不安を抱えつつ来たようでした。そして、無事会えた時は安堵したような顔をしていました。
そういう工程が特に子どものうちは大切に思うのです。

携帯電話は確かに便利です。すぐに用事が伝えられ、情報が得られ、私自身もメールなんか一日何度使っていることか。
でも、皆が普通に持つようになり、いつでも連絡が取れるようになって、人間関係が成熟したものになったでしょうか?むしろ逆な気がします。
一昔前の携帯電話がなかった時代は、家の固定電話にかけることしかできず、そのために“親が出たらどうしよう…”“こんな時間にかけたらご家族に迷惑だよな…今頃何してるんだろう?”など、相手のことを思ったり、他者のことを気遣ったり、色々な感情を使っていたと思うのです。
待ち合わせも、“いついつの何時何分にどこどこのここでね!”ときちんと話し合って確認し合い、互いの信用と信頼のもとその場所へ行きます。遅れそうになれば“○○ちゃんが待ってるから早く行かなきゃ!”と相手を気遣い、着いているほうも“○○ちゃん、来ないなぁ。どうしたんだろう。何かあったのかな。”と思いやる。会えた時には、お互いの信用と信頼が裏切られる事なく成立したことで何となく嬉しくなる。
もちろん、いちいちそんな風に大げさに考えていたわけではないけれど、昔のほうが“相手に思いを寄せる”という行為を一日に何度もしながら過ごしていたように思うのです。
今ではだいたいの場所と時間だけ決めておいて「あとは携帯でね~。」で済んでしまうし、遅れても携帯で「ちょっと遅れる。ごめんね。」と形式的に言っておけば互いにOKで、便利で効率的なのだけれど、相手を思うという行為や感情を起動させる機会が少なくなった気がします。

“好きな人が来ない。今日が互いの気持ちを確かめ合う最後のチャンスの日。もう少し待ってみよう。…来ない。どうしたのだろう。心配だ。電話をかけに行こうか。でもその間に来たら…。もう少し待ってみよう。来ない。公衆電話から一回だけ、かけてみよう。)”
“ハアハアハア…。(やむをえない事情で遅れてしまったA子が来る。)B男さん、いないわ。会えなかった…。これでもう終わりね…。”
“(A子が来ていたことを知らず、待ち合わせ場所に戻るB男。)電話にも出なかった…。もうこれで終わりなのか。”
それから一日B男はA子を待ち続けたが、あきらめて去る。
……それから10年後、互いに家庭を築き、平凡ながら幸せに暮らしている中、ひょんなことから再会するA子とB男。
A子「あの時、事情があって遅れて待ち合わせの場所に行ったけれど、あなたはもういなかったわ。」
B男「え?僕はあの日ずっと待ってたんだ。…ああ!あの電話をかけに行ったその時に…?」
当時の気持ちが蘇ってきた二人…。そして二人は…。
なーんてドラマも今は生まれないのです。

突然妄想モードに入りましたが、そんなこんなの理由で、ハリボーに携帯はまだ早いと思うわけです。

雑貨セレクトショップ mederu(メデル)のホームページはこちら→http://mederu.jp/
[PR]
by mederu8 | 2012-06-03 07:09 | 日記 | Comments(0)

最新の記事

営業時間のお知らせ
at 2017-11-24 17:38
朝のひととき
at 2017-11-24 07:37
蚊帳生地ふきんLOVE
at 2017-11-22 09:52
はじめまして!のシェルのお箸置き
at 2017-11-21 11:47
営業時間のお知らせ
at 2017-11-18 06:13

最新のコメント

mioさん、ありがとうご..
by mederu8 at 00:27
Kさん いつもありがとう..
by mio at 23:43
> SWOT倶楽部さん ..
by mederu8 at 10:51
お久しぶりでございます。..
by SWOT倶楽部 at 01:58
なつみ様 お久しぶりで..
by mederu8 at 00:53
お久しぶりです! 私も..
by なつみ at 00:13
ご自身の貴重な経験からの..
by mederu8 at 00:14
きらママさま 涙が出る..
by mederu8 at 22:42
10周年おめでとうござい..
by きらママ at 21:37
きらママ さま お..
by mederu8 at 23:54

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
セレクトショップ